チャートとは

FX取引で勝つためには、為替相場のトレンドに乗るということが大事です。

チャートとは、為替レートの動きを折れ線グラフであらわしたような図のことで、チャートを見ると、レートの過去の動きが一目で分かります。

チャートには、様々な種類がありますが、特に重宝され、活用されているのはローソク足」と呼ばれるものです。

「ローソク足」チャートは、株価や為替の値動きをわかりやすく視覚化したものとして、慣れているという面もあります。

ローソク足は、期間の区切り方が様々であり、1日の値動きを示すものは「日足」、1週間なら「週足」、1ヶ月なら「月足」、1年なら「年足」といいます。

これだけではなく「1分足」「5分足」「15分足」なども、使われています。

ローソク足は、陽線と陰線に大別されています。陽線は、始値より終値が高く、通常は白か赤で表示され、上昇傾向にあることを意味します。

一方で、陰線は、始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを意味します。そして、実態(胴体)部分から出ている線を「ヒゲ」と呼びます。

「ローソク足」は、多くの投資家が既に活用して、成功を収めています。さらに、基本の「ローソク足」に、使いやすい応用を加えるといった方法で、様々な新しいチャートが誕生しています。


FXでガッチリお金を稼ぐ!
運命を変えるイチオシ
無料口座開設はこちらでお金稼ぎを始めよう!
みんなFXしています!
posted by タカポン39 at 00:00 | Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。